トアロードでバリアフリー化工事が行われています

こんにちは!TOANETの中村(さ)です。

暦の上では春になりましたが、まだまだ寒い日が続きますね。

洗濯物も乾きにくいので、早く暖かくなってほしいです。

もちろん、寒いからこそ温かいお鍋などがおいしくなるので、

寒さに去ってほしくない気持ちもあるのですが…難しいですね!

さてさて、先日寒さに縮みあがりながらトアロードを歩いていましたら、

あちこちで工事が行われていることに気付きました。

何の工事かな?と思っていると、こんな立て看板を発見!

150215_2

バリアフリー化工事が行われているとのこと。これは嬉しいですね!

150215_1

内容を詳しく見ると、

【1】段差の改善

【2】舗装材の改善

【3】点字ブロック

【4】勾配の改善

とのこと。

車いすなど、ちょっとした段差や勾配でも行動範囲が制限されてしまう方が

トアロードを訪れやすくなって下さるのはとても嬉しいですね。

もちろんトアロード以外でもどんどんこんな工事が行われてほしいです!

そこのところ、どうなっているんだろう!と思い神戸市のWebサイトを見てみると、

こんなページを発見しました。

▼  ▼  ▼
神戸市:神戸市バリアフリー基本構想が策定されました

なんと、バリアフリー化は以前から行われていることだったんですね。

そしてバリアフリー化の構想を更に発展させた取り組みが2020年度を目標として進められているようです。

当たり前に行き来している道も、こういった取り組みによって歩きやすくなっているんだな~と考えたら

神戸の街がもっと好きになっちゃいました!

また神戸の嬉しいニュースを発見したら、TOANETスタッフがご紹介しますね~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です