北野異人館・オーストリアの家

今日は先日訪れた北野異人館・オーストリアの家を御紹介します。

140118_01

 

平成4年、オーストリア大使館、オーストリア通商代表部の後援で、オーストリアの文化や歴史に触れられる

ミュージアムとして開設された旧W.クンツェ邸跡 オーストリアの家。

ウィーンの博物館風とい われる円筒形の建物に、女帝マリア・テレジアの肖像やロココ調の衣装などを

展示し、宮廷文化の様子がしのばれます。

140118_02

140118_03

 

また、オーストリアが生んだ偉大な音楽家モーツアルトを紹介し、彼が生きた18世紀の生活や風景を再現。

作曲に使われたピアノの複製品『フォルテ・ピアノ』は、モーツアルトが考案したと云われており

演奏者の指をより美しく見せるように白鍵と黒鍵が逆にされた珍しいピアノだそうです。

140118_04

 

直筆の楽譜や手紙なども展示されており、ザルツブル グのモーツアルトミュージアムから

寄贈された品々もみどころです。

140118_05

 

またガーデンテラスに面したチョコレートショップでは、国内での販売はここだけという

インペリアル・トルテが販売されています。


インペリアル・トルテとは、皇帝陛下だけのために作られていたお菓子で、帝国崩壊後ほぼ70年間

もの間、再び作られることはありませんでした。近年ようやくオリジナルのレシピが発見され、

ウィーンにあるホテル・インペリアルのシェフが、約150年前のレシピを基に忠実に作り上げた幻の1品

となりました。こちらのショップではその貴重なインペリアル・トルテを

テラスでオーストリアワインやホイリゲ直送のぶどうジュースといっしょに頂くことができます。

 

みなさんもぜひ、一度訪れてみてください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です