北野異人館街-山手八番館

北野異人館街にある、『山手八番館』に行ってきました。

yamate8_01

塔屋が3つ連なる、チューダー様式という建築様式で建てられた個性的な外観。

入口の両脇に立つのは、怖い顔をした2体の像。
西洋建築の手前「デビル」や「サタン」といった、
いわゆる海外の悪魔が立っているのかと思いきや、実は日本風の「鬼」。
その手に持つのもランプではなく灯篭です。

yamate8_02

 

館内へ足を踏み入れると、様々な地域・時代の展示物を目にすることができます。

 

yamate8_03

1階には東アフリカ地域に住む民族の原始美術。
2階にはガンダーラ(現在のアフタニスタン~パキスタン周辺)やタイから伝わる様々な仏像。
この他にもロダンやブールデル、ベルナール、レンブラントをはじめとする、
西洋と東洋の彫刻を主とした美術品が所狭しと飾られています。

yamate8_04

yamate8_05

 

また、北野異人館街でパワースポットとして有名な「サターンの椅子」があるのも、ここ『山手八番館』です。

 

yamate8_06

サターンの椅子は、向かって左側が男性用、右側が女性用とされ
座って願い事をすれば、それが叶うといわれています。
椅子の雰囲気や名前から、「サターン」というと悪魔を想像してしまいますが
そうではなく、ローマ神話に伝わる、農耕・豊穣を司る神様なのだそうです。

世界各地の美術と親しんだあとは、「サターンの椅子」にお願いごとをしてみてはいかがでしょうか。

 

■山手八番館

所在地:神戸市中央区北野町2丁目7

TEL:078-222-0490

定休日:なし

営業時間:9:00~18:00(冬季は17:00まで)

入館料:500円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です