植物って…

こんにちは!

トアネットの中村(さ)です。

猛暑が続きますね…暑さに弱い私は干からびてしまいそうです。

そんな暑さの中、トアネットでは少し背筋が寒くなる(?)出来事が……。

トアネットの事務所では植物を育てているのですが、

水やり当番の私がお水をあげていない日に、葉っぱに水滴がついているんです。

 

初めは、誰かがあげてくれているのかな?と気にしていなかったのですが…

 

休業日の次の日、私が事務所一番乗りで出社してみると、再び葉っぱに水滴が…!!

「あれ?昨日は皆お休みだったよね…?」

 

休業日の前の日に誰かが水をあげていたとしても、

今日まで残るなんて考えにくい。

 

「ということは……………まさかドロボウ?

でも植物に水やりしていくドロボウなんている???」

 

いろいろな考えが頭を巡って、数日もやもやしていた私ですが…

ある日、判明したんです。水滴をつけていた犯人が!

 

 

それは…………

 

 

ずばり、植物本人だったんです!!!!

 

 

Googleで調べものをしていたときに、ふと植物のことを調べていると、驚きの事実が。

サトイモ科の植物などは水を吸い上げる力がとても強く、

また吸い上げた水分を葉から放出するのですが、

その放出の速度に蒸発が追い付かず水滴となって滴っている、とのことなんです。

 

植物を育てている方からすると常識なのだと思いますが、

この現象を初めて目にした私には、ちょっとしたホラーでした。お恥ずかしい…

 

しかし、植物ってあまり見た目には分かりませんが、

気がつけばぐんぐん伸びているし、蒸発が追い付かないほどぐいぐい水を吸い上げているし、

とってもパワフルなんだな~と思いました♪

 

130726_1

元気に育つんだよ!

 

中村(さ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です